手作り和菓子「弓月屋」

2009年9月10日 (木)

赤えんどうの煮方、再び。

「赤えんどう豆の煮方」で検索をかけて
いらした方、こんにちは!
フードアナリスト、弓月ひろみですhappy01

そう・・このブログ、最近なんと
検索フレーズの1位がずーっと
「赤えんどう豆の煮方」なんです。
みんな大好きなんですねぇshine
そんなわけで旧ブログ&過去記事から
再度記事をアップさせて頂きますねscissors

皆さんは・・・

あんみつや、みつ豆の中に入ってる、茶色い豆。
あの豆の名前をご存知ですか?
名前は「赤えんどう」
実は苦手!という人が結構多いそう。
固くて、あじけなく、なんだかぼそぼそする・・
そんな、イメージなんでしょうね。

かくいう私も以前は苦手でした。
ところが、ある日、母が買ってきてくれた
老舗の「豆かん」と「豆もち」を食べて以来すっかりこの豆のとりこ。
豆大福にも目がありませんheart02

もっともっと、あの赤えんどうを、
たくさんたくさん食べたい・・・sign03
そんな方は、ご家庭で作ってみてはいかがでしょうか
おうちで炊いてみたら、ふっくら・ほっくり。
煮上がったばかりは本当に格別。
病み付きになること間違いなしです。
圧力鍋を使ったら、本当にあっというまですよ。

《赤えんどう豆の煮方》
one煮たい量の豆をさっと洗ったら、一晩水につけます。
この時、小さじ1/4ほどの重層を一緒に溶かします。

20071107234512

一晩(8時間程度)つけたものが・・・コレ

続きを読む "赤えんどうの煮方、再び。"

| | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

手作り和菓子~さくらんぼ「はつ恋」~

六月は…

cherryさくらんぼの季節cherry

Dsc01165

つるんとした赤、可愛らしい、ぷっくりとした果実cherry
黄みを帯びた果肉からじゅわっと染み出る甘酸っぱさ。
日本の初夏を感じますねshine

我が家では、毎年この季節になると、
山形県・東根市にある「六果園」さんから
"さくらんぼの王様"、佐藤錦をお取り寄せshine
東根は「佐藤錦」発祥の地ですが…
果樹園からのお取り寄席を利用すれば、
都内で買うより、とってもリーズナブルなのですwink

そうそう、東根は、秋の「ラ・フランス」もオススメですよheart04

さて、さくらんぼが届いたら…
こんな創作和菓子を作ってみたりしますshine

8a12f5eb

手作り和菓子「弓月屋」、六月限定メニューcherry

「はつ恋」

手作り白あんを、求肥の衣でくるみ、
その上にちょこんとさくらんぼ。
甘酸っぱさから「はつ恋」と名づけました。
清楚で、ほんのりきゅんとするお味ですshine

今年はどなたに差し上げようかしら??

 

| | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

手作り和菓子~弓月屋~
「抹茶蜜のぷるるん葛餅」

先日、姉夫婦のお家へ遊びにいったとき…

そこにある材料で、何か和菓子のオヤツをup

と・・・・

考えて作った 抹茶くず餅clover

Dsc01047


ぷるぷるの抹茶風味の透き通るお餅と

ほろ苦い抹茶蜜の「片栗粉で作る"くず餅"」。

材料は 

片栗粉・水・砂糖・抹茶・黄粉 のみ。

使った道具は・・・

電子レンジと、ゴムベラ、耐熱カップ大小2つ のみ。

片栗粉のくず餅に、黒蜜…というパターンは
よくやるのだけど、抹茶餅+抹茶蜜は初めてhappy01

急いで作ったので、材料を測っておりませぬ・・・

(すいませんすべて目分量で、作ってしまったのです・・・。
この、目分量で出来ちゃうのも、手作り和菓子の良さheart04なのよsweat01
)

というわけで、レシピは今度、

もう一度作って、測って(笑)アップしますね。

お楽しみに♪

| | トラックバック (0)