« ブックカバーを作れるサイト | トップページ | 撮影with 姫。 »

2008年6月30日 (月)

水無月晦日~夏越の祓~

Dscn1931

6月も最終日。一年の折り返し地点ですね。
皆さん、2008年の半年はいかがでしたか?

さて。

6月30日京都の主な神社で行われる
「水無月祓(みなづきのばらえ)」または
「夏越祓(なごしのはらえ)」と呼ばれる、
厄払いの行事があるのをご存知ですか?

正月から6月までに、溜まった「罪や穢れ」を取り除き、
残り半年を無事に過ごせますように。
無病息災・悪厄退散。
そんな願いをこめ、鳥居の下に置かれた
「茅の輪」(かやくさで作られた大きな輪)」をくぐるんです。

くぐり方は・・・

「水無月(みなつき)の夏越しの祓する人は

ちとせの命のぶというなり」

古歌を唱え左まわり・右まわり・左まわり…と八の宇を書くように三度。

※「神社と神道」より http://jinja.jp/index.html

そして、まじないとしていただくのが、和菓子の「水無月」です。

Dscn1926



水無月は6月になると登場しますが…
元々はこの「夏越の祓」の日に食される和菓子。

1日に紹介した氷室と同様、三角は氷の形をなぞったもの、
小豆は「悪払い」の役目があるといわれています。

三角の餅は「ういろう」。
もち米粉、うるち米粉に、黒砂糖または砂糖、そして水を加え、
蒸したねっとりとした食感の和菓子です。

関東には、夏越の祓の風習はありませんが
6月限定の和菓子として「水無月」がデパ地下等に登場しています。
それでも"京菓子司"さんでないとお目にかかることも少ないので
案外知らない人も多いよう。

こちらは「京菓子司 仙太郎」の水無月たち。

黒の水無月。

Dscn1937

黒砂糖独特の深いコクと、奥行きのある香り。
まったりとした味わいで通好み。
抹茶や、アイスコーヒーでもいただけそう。

こちらは白。

Dscn1942


白砂糖のあっさりした甘さは、嫌味がなく、小豆が引き立ち、
冷たい緑茶が似合う味です。



それにしても・・・・もうお正月から6ヶ月、
半年も経ってしまったなんて驚き。
似たような感覚の皆様、多いんじゃないかしら??

和菓子の良いところは、
日本の四季、季節や節句に応じたものが必ずあるということ。
ちよっと立ち止まって、和菓子で季節を感じ、
日常の生活を振り返る。そんな時間があってもいいですよね。

さぁ、残りの半年も、元気にいきましょうwink

商品名   京菓子司 仙太郎「水無月」白・黒
甘さ     ★★☆(控えめ~やや甘)
大きさ    底辺6.5cm 底辺から頂点まで5cm 高さ(幅)2.5cm
重さ     74g 
特徴    白ういろう・黒ういろうの二色。
季節    6月の一ヶ月間
シーン   厄払いに、ご自宅で。
飲み物   冷たい緑茶、
GET指数  ★★(やや難しい) 
お取り寄せ 不可
日持ち 当日
店舗名 〒600-8032 京都市下京区寺町通り仏光寺上る中之町576(本店)
その他 伊勢丹新宿、東武池袋、三越銀座、東急東横のれん街、横浜高島屋など。
                  

|

« ブックカバーを作れるサイト | トップページ | 撮影with 姫。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1018999/22016461

この記事へのトラックバック一覧です: 水無月晦日~夏越の祓~:

« ブックカバーを作れるサイト | トップページ | 撮影with 姫。 »